クリスマスマ-ケット開催に伴う注意喚起

●今週23日(木)以降、デュッセルドルフ市をはじめとするNRW州内各地でクリスマス・マーケットが開かれております。
●クリスマス・マーケットをはじめ多数の人が集まる場所へお出かけの際は、ご自身の安全に十分ご注意ください。


ノルトライン=ヴェストファーレン州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

1.11月23日(木)より、デュッセルドルフ市内をはじめNRW州内各地でクリスマス・マーケットが順次開催されます。

2.デュッセルドルフ市警察発表によれば、今年も前年同様、マーケットやショッピングストリートに警察官を配置し警戒にあたるとのことです。また、警察では来場者を狙ったスリへの警戒も呼びかけております。また、報道によれば21日にドイツ全土で行われたイスラム過激主義者の一斉捜索において、エッセン市のクリスマス・マーケットを狙ったテロ計画の疑いがあったとのことです。

3.昨年12月には、ベルリンのクリスマス・マーケットにトラックが突入し、多数の死傷者が発生しました。クリスマス・マーケットのように、不特定多数の来場が見込まれるイベントは、テロや犯罪の標的となるおそれがあります。普段以上に、ご自身の安全に注意を払うようにしてください。

4.テロを含む事件事故の回避、あるいは被害を最小限にするためには、次の観点を持って行動することが有効です。
○露店の配置や周囲の道路の位置関係を把握し、どこかに弱点がないか予め確かめておく。
○常に自分の周囲に不審者や不審物がないか注意する
○上記を発見した場合は、被害を受けないよう、被害を小さくするよう離れる(離れておく)
○退避ルートや一時的に隠れる場所を想定しておく

また、スリへの対策としては、
○荷物から目を離さない
○現金・貴重品は最小限に、かつ分割して所持する
○パスポートは着衣内に収める
○声をかけてくる者には気を許さない(可能な限り相手にしない)
ことが重要となります。

万一に備え、家族や友人、職場等にご自身の滞在先や連絡先を伝えておくようにしてください。
海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

メッセ期間中の盗難被害にご注意ください

●来週13日(月)から16日(木)までの間、デュッセルドルフ市内で医療関連見本市Medica/Compamed が開催されるところ、スリ・置き引きの被害が多発するので旅券や貴重品の管理に注意を。

ノルトライン=ヴェストファーレン州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在デュッセルドルフ日本国総領事館

1.11月13日(月)から16日(木)までの間、メッセ・デュッセルドルフおいて医療関連見本市Medica/Compamedが開催され、多くの来場者が見込まれます。

2.大規模なメッセはスリ等にとって格好の稼ぎ時と認識されており、出展者や訪問客をターゲットに旅券や貴重品のスリ・置き引きの被害が多発します。被害の多くは、
・メッセ会場やホテルでの商談・打ち合わせ中、レストランでの会食中に、近くの席や足下に置いていた鞄がなくなっていた
・メッセの出展ブース内に置いておいた鞄等がなくなっていた
・移動中のホームや列車内で声をかけられたり、付近で小銭がばらまかれる等して注意を逸らされている間に、鞄や貴重品を持ち逃げされた
・市内で偽警察官に声をかけられ、財布から現金だけを抜き取られた
というものです。

3.被害に遭わないためには、
 ○常に周囲の状況に注意し、警戒を怠らない
 ○メッセ会場内だから、あるいはホテルの中だから等と安心しない
 ○荷物から目を離さない
 ○現金・貴重品は最小限に、かつ分割して所持する
 ○パスポートは着衣内に収める
 ○声をかけてくる者には気を許さない(可能な限り相手にしない)
等、ご自身で貴重品の管理を万全にしていただくとともに、特にメッセ出展者、来場者の方におかれましては、ご同僚や出張者の方々等にもお声を掛けていただくようお願いいたします。
4.旅券を紛失された場合、その再発行には一定の時間を要します。以降の旅程や帰国日程の変更を余儀なくされる場合もありますので、十分ご注意ください。万一被害に遭われた際は、下記までご連絡ください。

在デュッセルドルフ日本国総領事館 
0211 164820(領事班直通:0211-1648220)
0211 1648276(FAX)

 

11月11日のカーニバル・シーズン開始関連行事について

【ポイント】
●11月11日(土)のカーニバル・シーズン開始日には、NRW州各地で関連行事が行われます。
●人出の規模は各都市によって異なりますが、警察等は暴力事件やテロ事件防止のため、交通規制を含む各種対策を講じる模様です。
●上記交通規制によって各都市部では交通渋滞等も予想されますので、それを考慮した行動が推奨されます。

【内容】
1.毎年恒例のとおり、ライン地方の各地では、11月11日午前11時11分にカーニバル・シーズン開始にちなんだ行事が行われます。
 特にケルンでは同行事が大規模に開催されるところ、ケルン市警察はプレスリリースで各種注意喚起を行っております。

2.同プレスリリースによると、ケルン市警察は、午後2時から午後11時までの間、ケルン大聖堂前に詰め所を設置して「暴力事件対策」と「テロ対策」に主眼を置いて活動するとのことです。
 暴力事件対策としては、土曜日ということもあり、深夜までアルコールの影響で酩酊する者が増加するであろうと予測し、攻撃的な態度等をとっている個人やグループには積極的な声掛けを行うとのことです。また、カーニバルに伴い仮装する際には、「武器」に見える物を持たないよう呼びかけております。
 テロ対策としては、11日午前0時から深夜まで、ケルン市内各所で7.5トン以上の貨物自動車が進入できないよう規制を行うとのことです。具体的に規制される箇所は、
  ・シューンホイザー通りからマルクト通り
  ・フォアゲビルクス門からポーリヒス通り、ヴァイスハウス通り、ウニヴァシテート通り、内カナル通り、ツォー橋、ゼベリンス橋の入口(ラインウーファー通りも含む)
となります。同交通規制についての詳細は、以下のケルン市のURLより入手できるとのことです。
   http://www.stadt-koeln.de/leben-in-koeln/verkehr/fahverbot-fuer-lastkraftwagen-am-11-november-2017
また、ケルン市警察では、10日及び11日の午前8時から午後6時までの間、以下の電話窓口を設置するとのことです。
   0221-229-7777

3.当日はカーニバル・シーズンの開始に伴い、ケルン市だけではなく、NRW州内各都市の交通に乱れが生じる可能性がありますので御注意ください。また、酩酊等し攻撃的になっている個人やグループからは距離を置き、ご自身の安全を確保するようお願いいたします。

海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

空き巣の犯行手口や各種傾向について

【ポイント】
●空き巣は11月から翌1月にかけて最も多く発生し、特に金曜日に多発。
●通りに面し、塀等に囲まれている一戸建てが狙われる割合が最多。
●空き巣と思われる者を発見したら、即110番通報。

【内容】
11日付ライニッシュポストに、ノルトライン=ヴェストファーレン州刑事局で本年作成した「空き巣」に関する総合レポートの概要についての記事が掲載されておりましたので紹介します。

1.時間的傾向
(1)一年の中でも、暗い時間帯が長い11月から翌1月にかけての被害が最も多い。
(2)一週間のうち、最も被害が多いのが金曜日で、日曜日は最も少ない。

2.場所的傾向
(1)空き巣犯にとって、最も重要な要素は「逃走経路が確保されている」「外部からの視認が遮へいされている」こと。具体的には、行き止まりではなく通り沿いで、高い塀や茂みに囲まれた住宅。なお、アウトバーンからの距離とは無関係に、幹線道路にアクセスしやすい場所が狙われる。
(2)特に高齢者が住む一戸建て(2世帯、3世帯が入居する住宅を含む)が狙われやすい。
(3)都市部では集合住宅での被害も多く、特に地上階での被害が集合住宅全体の55%に上る。

3.侵入方法の傾向
(1)侵入口の割合は、テラスやベランダ(45.3%)、窓(33.6%)、玄関ドア(17.6%)。
(2)侵入方法の割合は、道具(マイナスドライバー、バール等)を使用した窓の隙間部分やドア鍵部分のこじ開け(82%)、ガラス破壊など単純な暴力を使用した侵入(12.4%)、上部を斜めに開放している窓からの侵入(4.9%)。

州刑事局は、最も良い対策は「住民同士の眼」と「警察への即通報」であるとしています。空き巣と思われる人物を発見した際は、躊躇せずに110番通報してほしい旨呼びかけています。

海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

小選挙区の区割り変更について(在デュッセルドルフ総領事館)

●第48回衆議院議員総選挙の小選挙区投票は、昨年改定された新しい区割りに基づいて行われます。
●在外選挙人証をお持ちの方は、ご自身の投票先の小選挙区を今一度ご確認ください。


在留邦人の皆様


 第48回衆議院総選挙の在外公館投票実施については、先般(9月28日)、下記メールにてお知らせしたところですが、本選挙は昨年7月に実施された、衆議院小選挙区の区割り改定後の新しい小選挙区で投票を行うこととなります。
 投票にあたっては、現在お持ちの在外選挙人証に記載されている小選挙区が変わっていないかご確認ください。
 区割り変更に関する情報の詳細は、下記総務省HPに掲載されております。ご参考になさってください。
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/news/senkyo/shu_kuwari/shu_kuwari_3.html

在デュッセルドルフ総領事館


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第48回衆議院総選挙の在外公館投票実施に関するお知らせです。

第48回衆議院選挙の在外公館投票の実施について、以下のとおり御案内いたします。

●公示日:10月10日(火)(予定)
●国内投票日:10月22日(日)(予定)
●当館における投票:10月11日(水)から15日(日)(予定)
●在外公館投票時間:午前9時30分から午後5時まで
●投票に必要なもの:在外選挙人証,旅券等の身分証明書

詳細は当館ホームページに掲載しております。ご不明な点は領事班(0211-1648220)までお問い合わせください。
なお衆議院解散に伴い、10月に予定されていた衆議院補欠選挙は実施されないこととなりましたので、併せてお知らせいたします。

在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

BW州内での毒物混入事件の発生について

【ポイント】
●バーデン=ヴュルテンベルク(BW)州フリードリヒスハーフェンで販売されていた赤ちゃん用の離乳食の瓶に毒物が混入。
●警察は、毒物混入事件として捜査。被疑者は欧州全域で恐喝。
●容器入りの商品を購入する際は、事前に開けられた痕跡がないかどうかをよく確認するよう推奨します。

【内容】
1.昨(28)日、BW州のフリードリヒスハーフェン(注:ボーデン湖畔の町)で、赤ちゃん用の離乳食の瓶に毒物が混入されていた旨、コンスタンツ市警察が発表しました。同警察では、本事件を何者かによる毒物混入事件として捜査を開始しているとのことです。
2.フリードリヒスハーフェンでは計5個の離乳食の中に、エチレングリコールという化学物質が混入されているのを確認したとのことです。BW州消費者保護省によると、30ミリリットルのエチレングリコールを摂取すると成人にも健康被害が生じ、100ミリリットル以上だと危険性が高くなり、子供の場合はそれよりも少ない量で健康被害が出るとのことです。
3.警察は、防犯ビデオ画像から被疑者と思われる50歳くらいの男性を特定し、追跡捜査を行っている模様です。また、警察によると、被疑者は「ドイツ、ヨーロッパ全域で食料品等に毒物を混入する。嫌なら1千万ユーロを支払え」旨の恐喝を行っているとのことです。
4.ドイツのニュースでは、エチレングリコールは無臭無色で確認が困難なため、容器に入った商品を購入した際は、事前に開けられた痕跡がないかどうかをよく確認した方がよい旨報じております。

海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

第48回衆議院総選挙の実施【在デュッセルドルフ総領事館】

第48回衆議院総選挙の在外公館投票実施に関するお知らせです。

第48回衆議院選挙の在外公館投票の実施について、以下のとおり御案内いたします。

●公示日:10月10日(火)(予定)
●国内投票日:10月22日(日)(予定)
●当館における投票:10月11日(水)から15日(日)(予定)
●在外公館投票時間:午前9時30分から午後5時まで
●投票に必要なもの:在外選挙人証,旅券等の身分証明書

詳細は追って当館ホームページに掲載いたします。ご不明な点は領事班(0211-1648220)までお問い合わせください。
なお衆議院解散に伴い、10月に予定されていた衆議院補欠選挙は実施されないこととなりましたので、併せてお知らせいたします。

在デュッセルドルフ日本国総領事館

 

盗難被害に遭いやすい車両について

【ポイント】
●昨年、ノルトライン=ヴェストファーレン州では7,518件の車両盗難事件が発生。この数値は、日本全国で発生した車両盗難の3分の2に相当。
●最も盗難被害に遭いやすい車両は高級オフロード用車両。

【内容】
1.9月21日付ライニッシェ・ポスト紙に、盗難被害に遭いやすい車両の1位から10位までが掲載されておりましたのでご紹介します。
 1位:トヨタ・ランドクルーザー(3.0D)、14.1台
 2位:アウディ・Q7(3.0TDI)、10.7台
 3位:BMW・X6(Xdrive40D、1G)、10.4台
 4位:アウディ・Q7(4.2TDI)、10.3台
 5位:BMW・X6(Xdrive40D、2G)、10.3台
 6位:BMW・550D(Xdrive)、8.5台
 7位:ランドローヴァー・レンジローヴァー(3.0TD)、8.4台
 8位:BMW(730D)、8.4台
 9位:アウディ・A6(2.7TDI、クワトロ)、8台
 10位:BMW・X5/X6(3.0SD)、7.5台
  ※ 台数は、車両保険に入っている車両1千台当たりに盗まれている台数
2.2016年中、ノルトライン=ヴェストファーレン州内で発生し、警察が認知した車両盗難件数は合計7,518件で、検挙率は22.9%となります。
  ※ 2016年中、日本全国で認知された車両盗難件数は11,655件。
3.車両盗難防止のための基本的な対策としては、
○ 確実な施錠と窓閉め
○ イモビライザーや盗難防止装置の活用
○ 防犯設備が整った駐車場の活用
○ 車内に物(特に貴重品に見える物)を置いておかない
などが考えられます。

海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館