デュッセルドルフ総領事館からの注意喚起

ノルトライン=ヴェストファーレン州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在デュッセルドルフ日本国総領事館

19日にベルリンで発生したクリスマスマーケットへのトラック突入事件を受け、NRW州における状況について以下の通りお知らせします。

1.ベルリンの事件の最新情報と事件を受けてのNRW州の警備強化について
(1)19日夜に、ベルリンでクリスマスマーケットに大型トラックが突入し、多数の死傷者が出た事件については、実行犯が未だ特定・確保されておらず、現在も警察等で追跡捜査を進めています。
(2)本事件を受け、NRW州警察は年末年始の警備コンセプトを見直し、デュッセルドルフ、ケルン、ドルトムント、デュースブルク等の都市で警備体制を抜本的に強化した状況です。具体的には、クリスマスマーケット等において、警察官によるパトロール増強、警察官の装備強化、車両進入防止用バリケード設置等、これまでより厳重な警戒措置をとったとのことです。

2.皆様におかれましては、以下につき常に注意を払われるようお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努め、ご自身及び家族のみの安全を念頭に行動すること。
(2)テロの標的となりやすい場所(クリスマス等のイベント会場、観光施設、レストラン、ホテル、ショッピングモール等人が多く集まる施設等)への外出の際は、安全上の弱点がないかどうか注意を怠らないこと。
(3)特に、次の観点を持って行動すること。
○ 脅威を早期に発見する:常に自分の周囲に不審者や不審物がないか注意する
○ 脅威から距離をとる:被害を受けないよう、被害を小さくするよう離れる(離れておく)
○ 脅威から離脱する:退避ルートや一時的に隠れる場所を想定しておく

3.在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
 3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届を、3ヶ月未満の場合は「たびレジ」に登録してください。(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
 渡航先の最新安全情報や、緊急時の大使館または総領事館からの連絡を受け取ることができます。家族や友人、職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

4.外務省のテロ対策パンフレットをお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは、http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.htmlに掲載。)
(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省 海外安全ホームページ:
 http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館