デュッセルドルフ総領事館からの注意喚起

NRW州にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ
在デュッセルドルフ日本国総領事館

報道及び当地警察発表によれば、ドイツ警察の特殊部隊はオーバーハウゼン
(Oberhausen)市にあるショッピングモール「Centro」で攻撃を計画していた
疑いがある男性2人(28歳と31歳のコソボ人兄弟)を逮捕したとのことです。な
お、ショッピングモールは一時閉鎖されましたが、その後再開されました。

一方、報道及び独政府発表によれば、ベルリンのクリスマスマーケットでトラックを
突入させたとして独捜査当局が行方を追っていたチュニジア国籍のアニス・アムリ容
疑者(24)は23日、イタリア北部ミラノで射殺されたとのことです。


(エッセン市警察)
http://www.presseportal.de/blaulicht/pm/11562/3518906

(ライニッシェ・ポスト)

http://m.rp-online.de/nrw/panorama/geplanter-anschlag-auf-centro-oberhausen-
verdaechtige-in-duisburg-festgenommen-aid-1.6484577

(1)在留邦人の皆さまにおかれましては、引き続き不測の事態に巻き込まれない
よう最新の関連情報の入手に努めてください。また,公共交通機関,観光施設,デ
パートや市場など不特定多数が集まる場所等テロの標的となりやすい場所を訪れる際
には周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら,速やかにその場を離れるな
ど安全確保に十分注意してください。

(2)万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくよ
うにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出して
ください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時
受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#

在デュッセルドルフ日本国総領事館