9月29日(土)、ケルン中心部において大規模デモと交通規制

●ケルン市警察本部のプレスリリースによると、9月29日(土)終日、ケルン市を訪問するトルコ・エルドアン大統領の警護及び同大統領の訪問に反対するデモの規制などで、大規模な警備対策を講じる由。
●ケルン市警察本部長は、「今次大規模警備対策は、ケルン市民の通常生活を制限しないでは達成できない」と述べており、当日ケルン市内は相当の交通渋滞、公共交通機関の遅延・運休が予想される。
●なお、デュッセルドルフ市警察によると、9月26日時点、デュッセルドルフ市内で大規模なデモが行われる予定はない由。

1.ケルン市警察本部のプレスリリースによれば、9月29日(土)、トルコ・エルドアン大統領のケルン訪問が確定し、同大統領の警護と右訪問に反対するデモ規制が大規模に行われるとのことです。

2.エルドアン大統領はケルン市内各地を訪問する予定であるため、ケルン市警察本部は、29日の概ね午前9時から夜間にかけ、ケルン市一円を規制するとのことです。また、規制対象地域の住民に対しては次の事項を伝達しております。
 ○ 身分証明書の携行
 ○ 規制エリアでは通行できるポイントが決まっており、警察の指示に従うとともに、エリア内の通行には警察官が同行する
 ○ 住民や正当な訪問理由を証明できる者は規制エリアを通行できるが、同通行のための通路確保に時間を要する

3.ケルン市警察は、規制エリア内の駐車車両についてはレッカー移動するとのことです。

4.本件警備やデモの詳細については、ケルン市警察の直通電話やホームページ等をご確認ください。
 電話: 0221-229-7777
 ホームページ: https://koeln.polizei.nrw/
 フェイスブック: https://www.facebook.com/Polizei.NRW.K
 ツイッター: https://twitter.com/polizei_nrw_k

5.つきましては、ケルンおよび近郊にお住まいの皆様並びに旅行者の皆様におかれましては、次の事項等に注意を払い、不測の事態、無用なトラブルに巻き込まれないよう心がけて下さい。
(1)テレビ、ラジオや新聞等の報道に注意を払い、最新情報の入手に努めてください。
(2)不用意にデモや政治集会等には近づかないようにしてください。
(3)予期せずデモや騒擾事件等に遭遇した場合には、現場の警察官の指示に従い、速やかに、かつ落ち着いてその場から立ち去るようにしてください。
(4)所属会社・団体や本邦緊急連絡先との間の緊急連絡手段を再確認してください。
(5)要人訪独等に伴い市内中心部の広い範囲でバスなどの公共交通機関が遅延・運休する予定です。また、交通渋滞が発生する可能性もありますので、併せご注意ください。


海外渡航や在留の際に、緊急事態が発生した場合、外務省からは随時情報を提供致します。緊急事態の発生に際しては、「たびレジ」や在留届等であらかじめメールアドレスを登録いただいた方には、一斉メールにより、情勢と注意事項をお伝えしています。
■外務省海外旅行登録「たびレジ」(3ヶ月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#
■在留届(3ヶ月以上滞在される方)
  http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
■スマートフォン用「海外安全アプリ」
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

本メールは送信専用ですので、返信はご遠慮ください。
在デュッセルドルフ日本国総領事館