ご 挨 拶

ノルトライン・ヴェストファーレン州議会
副議長 アンゲラ・フライムート

S1

ノルトライン・ヴェストファーレン州には、1万人以上の日本の皆様が住んでおります。そしてデュッセルドルフは、ロンドンとパリに続き、欧州では3番目に大きい日本人社会です。約600の日本企業がノルトライン・ヴェストファーレン州に進出しており、その内の300社以上が、欧州におけるヘッドクオーターの役割をはたしております。そして緊密な通商関係と経済関係が成立しております。 

また、両国の大学も、緊密に協力しております。デュッセルドルフ日本人学校、ドイツ「恵光」日本文化センター、あるいは日本デーや日本祭りが、ノルトライン・ヴェストファーレン州の文化環境を豊かにしております。交流と相互に知り合う為の多くの機会があります。 

両国の緊密な関係は、私達にとり、名誉であり、喜びです。そして、励ましでもあります。ですから、今年の夏、ノルトライン・ヴェストファーレンの州議会で、議員グループ NRW-Japanが誕生したのは、当然の事でした。20人以上の州議会議員は、政党の違いを超えて、日独の友情とパートナーシップのさらなる促進の為に貢献しようとしております。そして誠に光栄な事に、私はそのグループのリーダーです。

この議員グループにおける私の同僚達は、日本国総領事館、日本人社会、そして特に皆様、デュッセルドルフ日本クラブの会員の方々より、心から歓迎されました。
価値ある御支援、そして私達も知るところとなった協力関係に関する大いなる関心に、非常に感謝しております。

デジタル化と新しい技術が、文化と諸国民を、緊密に結びつけている様です。強固で良き友情とパートナーシップは、常に相互理解に至る為に、継続的で個人的な努力を必要とします。


デュッセルドルフ日本クラブで活躍する尊敬する皆様は、さまざまな方法で、日本の方々がノルトライン・ヴェストファーレン州において故郷を見つけられる様にと、重要な貢献をされていますが、そればかりではありません。私達の文化圏の人々の交流と邂逅の為に、多くの機会を開いております。それに関して、皆様に心から御礼を申し上げます。

協力関係の多くのチャンスを楽しみにしております。そして同時に、その場に皆様を、心から招待いたします。 

心をこめて。

アンゲラ・フライムート